Staff Blogスタッフブログ

たんぱく質は、カラダの中で「最も重要なもの!?」

たんぱく質は、カラダの中で「最も重要なもの!?」

今日は、「たんぱく質」の勉強会でした!

たんぱく質=筋肉のもと!と想像しがち。。な無知な私・・ですが、

たんぱく質を英訳すると、「プロテイン

そして、語源はギリシャ語で「最も重要なもの」と言う意味があるそうです。

ほぉほぉ・・・

知識欲をくすぐられながら勉強会スタートです~

IMG_5100 IMG_5101 IMG_5063

こんにちは。

熊本市 南区 田井島 にある エステティックサロン TIARACLUB

でエステティシャンをしています、吉村恵美子です。

筋肉が一般女性の平均より少ない私。。

カラダのたるみが悩みで、筋肉不足を解消しなければ。。

思っていたところでした

さて、

たんぱく質は筋肉を作る以外にも、大切な役割を担っています。

カラダの中に入ってきたたんぱく質は以下の順番の優先順位で使われていきます。

①内臓・血液をつくる

②細胞の修復をする

③ホルモンをつくる

④骨をつくる

⑤筋肉をつくる

⑥髪の毛・爪・肌をつくる

 

むむ!筋肉が作られるのは4番目とな!

講師の先生いわく、たんぱく質の量が足りない人は、⑤の筋肉つくるまえに

①②③あたりで終ってしまいますよとのこと!

なるほどー!幼少期からお肉=太ると思いこみ、あまりお肉を口にしてこなかった私。。

たんぱく質不足のカラダが出来上がっているということですかー!?

しかし、激しい運動をすると、筋肉痛になりますよね。

あれは、運動に傷ついた筋線維を修復しようとする時の痛みだといわれています。

つまり、運動することで、⑤の優先順位は②に上がってこれるので、

筋肉が作られやすくなるということです

 

そして、運動して筋肉を作るためには、材料も必要だということで、

良質なたんぱく質が必要になるのですね。

<たんぱく質の摂取量>

成人男性は一日に50~60グラム

成人女性は一日に40~50グラム

妊婦さんは一日に70~80グラム

うむ、これをめざして、たんぱく質をとるといいのですね!

 

さて、良質なたんぱく質とはどんなものでしょうか。

たんぱく質には動物性たんぱく質(肉・魚・卵など)と植物性たんぱく質(大豆・ナッツ類など)とがあります。

ティアラクラブでは、インナービューティーを推進しておりますので、

美腸をつくるためには、消化吸収に負担がかからない植物性たんぱく質を取ることをおすすめしています。

 

ちなみに・・植物性たんぱく質の代表、納豆に含まれるたんぱく質量は1パックあたり約8グラム。

1日の必要量取ろうとすると、6パック食べないと足りません。。けっこうな量ですね。。

 

そしてそして、メリハリBODYを作るための筋肉を効率よく作る為には

たんぱく質とあわせて、「アミノ酸」を取ることも重要なんです。

筋トレのパフォーマンスを上げたり、疲労回復を助ける働きをしてくれる

BCAA(ロイシン・バリン・イソロイシン)を含むサプリメントを筋トレと一緒にとると良いでしょう

 

長くなりましたが、たんぱく質とアミノ酸、十分な量を

食品からとるのは困難です・・

ということで、

TIARACLUBおすすめの

植物性たんぱく質からなる、プロテインと

良質なアミノ酸サプリメントはこちらを覗いてみてください。

 

私もメリハリBODYめざすぞ~!

 

 

 


SAME CATEGORY同じカテゴリーの記事